手間なし失敗なし老人性イボの安全な取り方

シルキースワンとイボコロリを徹底比較!

シルキースワンとイボコロリを徹底比較!

 

シルキースワンとイボコロリを徹底比較!

 

 

老人性イボができると有名な
「イボコロリ」などを使いたくなりますよね。

 

確かに、イボコロリはイボを治す効果は
優れていますし有名で使っている人も多いので
信頼性はものすごく高いです。

 

 

 

しかし、「シルキースワン」も実は
イボを治すことが出来る製品の一つなんですよ。

 

でも、シルキースワンは薬ではないため
イボコロリほどの効果は残念ながら期待できません。

 

 

 

ですが、シルキースワンには
イボコロリとは違う特徴があるので
その違いを比較していきますね。

 

 

イボコロリの特徴

 

シルキースワンとイボコロリを徹底比較!

 

サリチル酸の角質軟化溶解作用を利用している

 

イボを効果的に取り去ることが可能

 

魚の目やタコなどの症状にも効果あり

 

塗った後すぐに水仕事又は入浴をしても問題ない

 

成分的に危険があり顔などや皮膚の柔らかい所には使えない

 

 

イボコロリは、イボや魚の目などを治せる
とても優れた製品です。

 

私自身も「イボコロリ」は
イボを治す効果が高いのでオススメしたいです。

 

 

シルキースワンとイボコロリを徹底比較!

 

 

しかし、イボコロリは「サリチル酸」という
皮膚の角質を柔らかくするという成分が含まれていて
角質を溶かすという効果があるので使える部分は制限されます。

 

例えば、目の周りにイボが出来たとしたら
イボコロリは使えないんです。

 

 

 

なぜなら、イボコロリに含まれる「サリチル酸」が
角質を溶かすという効果があり危険だからです。

 

 

 

確かに、角質を溶かすという効果があれば
イボは消えてきれいに治りますよね。

 

しかし、イボではない部分の皮膚に
溶液がつくとすぐに洗わないと
皮膚が「かぶれ」てしまうので危険なんです。

 

 

 

なので、イボコロリは皮膚の薄い部分に
使うことが出来ないんですよね。

 

イボコロリの注意書きにも書かれています。

 

 

 

イボコロリは使い方を誤らなければ
優れた製品だといえます。

 

更に、イボコロリを使用したあとも
水仕事が出来るので嬉しい限りですね。

 

 

 

顔や首筋以外に出来たイボなら
使う価値はありますね。

 

 

イボコロリを使ってはいけない人

 

乳幼児(7歳未満)

 

目の周りや首筋にイボがある人

 

 

7歳位のお子様はイボコロリは使えません。

 

更に、顔や首筋には
イボコロリを使えません。

 

 

シルキースワンの特徴

 

シルキースワンとイボコロリを徹底比較!

 

イボが取れやすい

 

肌の再生能力が正常化する

 

全身にも使える

 

肌に優しい成分しか配合されていない

 

無条件で解約・休止が可能

 

値段が安い

 

以上がシルキースワンの特徴となります。

 

 

 

シルキースワンには2種類の「ヨクイニン」が配合されているため
イボが取れやすくなります。

 

ヨクイニンとは皮膚科のお医者さんも認めているため
イボに対する効果は期待できます。

 

 

シルキースワンとイボコロリを徹底比較!

 

 

しかも、「ヨーロッパブナ芽エキス」などが
肌に保湿効果を与えるため肌にあるシワなどやシミが
消えやすくなったりする効果も期待できるんです。

 

しかも、「杏仁油」も配合されているので
肌の再生能力が正常化されやすくなりますね。

 

 

 

杏仁油とは、「アプリコット」という木の実の種から得られる
「仁」から絞り出される黄色の天然美容オイルを言います。

 

こうしたオイルは「若さの脂肪酸」とも言われているんです。

 

パルミトレイン酸

 

リノール酸

 

オレイン酸

 

パルミチン酸

 

ステアリン酸

 

 

5種類の高級脂肪酸が豊富に含まれているので
乾燥しやすい肌もうるおいやすくなります。

 

シルキースワンとイボコロリを徹底比較!

 

しかも、シルキースワンに配合されている成分の多くは
肌の再生能力が正常化されやすい効果があるため
古い角質をはがしやすくなりイボも小さくなりやすいというわけですね。

 

 

更に、シルキースワンは全身にも使えるので
イボコロリでは使えないところのイボも治せるんです。

 

 

シルキースワンを使ってはいけない人

 

小麦アレルギーの人

 

即効性を求めている人

 

 

シルキースワンは良いことばかりではありません。

 

実は「小麦アレルギー」の人が使うと
アレルギー症状が出る可能性があるんです。

 

 

シルキースワンとイボコロリを徹底比較!

 

 

なぜなら、イネ科の植物「ハトムギ」を使った
ヨクイニンが原料になっているからです。

 

ちなみに、ハトムギとヨクイニンは
名前が違うだけで同じものです。

 

 

 

でも、小麦アレルギーではない人にとっては
効果的に感じるアイテムなのは間違いないですね。

 

 

 

そして、即効性を求めている人は
期待はずれの製品になるでしょう。

 

これは、シルキースワンだけに限らず
イボコロリも即効性がないですよ。

 

 

 

イボを手っ取り早く治したいという人は
クリニックに通院して治すほうが良いですね。

 

でも、自宅でジックリとイボをケアしたいという人は
シルキースワンを買って使ってみると良いですね。

 

 

シルキースワンの詳細はこちらをクリック

 


トップページ サイトマップ アンミオイルの効果 アンミオイルの口コミ イボを簡単に取る方法