手間なし失敗なし老人性イボの安全な取り方

アンミオイルとイボコロリを徹底比較【目の周りとか首筋】

アンミオイルとイボコロリを徹底比較【目の周りとか首筋】

 

アンミオイルとイボコロリを徹底比較

 

 

老人性イボが体や顔に出来ると
多くの人は「イボコロリ」で治そうと思いますよね?

 

でも、「アンミオイル」という製品も
イボを治すことが出来る製品の一つなんです。

 

 

 

ただ、アンミオイルは薬ではないので
多少イボを治すのに時間がかかりるのがデメリットになります。

 

しかし、アンミオイルにもイボコロリにはない特徴があるので
その違いを解明していきますね。

 

 

イボコロリの特徴

 

サリチル酸の角質軟化溶解作用を利用している

 

イボを効果的に取り去ることが可能

 

魚の目やタコなどの症状にも効果あり

 

塗った後すぐに水仕事又は入浴をしても問題ない

 

成分的に危険があり顔などや皮膚の柔らかい所には使えない

 

以上が、イボコロリの特徴ですね。

 

 

イボコロリは、イボを治すことが出来る
とても優れた製品という評判ですね。

 

でも、イボコロリには「サリチル酸」という
皮膚の角質を柔らかくする成分が含まれているんです。

 

アンミオイルとイボコロリを徹底比較

 

「え?皮膚を柔らかくするってどういうこと?」

 

 

皮膚の角質を柔らかくするって聞けば
そんな疑問を持ちませんか?

 

実は、イボコロリに含まれる「サリチル酸」は
角質を溶かしてイボを取りやすい状態にして
イボを治していくんですよ。

 

 

 

なので、イボコロリを使うとイボが消えて
きれいに治るってわけなんです。

 

でも、イボではない部分の皮膚に溶液が付くと
すぐに洗浄しないと皮膚が「かぶれ」たりしますから危険です。

 

 

 

だから、イボコロリは皮膚の薄い部分には
使うことができないんです。

 

例えば、目の周りとか首筋などは
イボコロリは使うことができません。

 

 

 

しかし、使い方を誤らなければ
とても優れた製品なんです。

 

イボコロリを使った部分が手であっても
すぐに水仕事が出来るのはありがたいところですね。

 

 

 

イボコロリを使ってはいけない人

 

乳幼児(7歳未満)

 

目の周りや首筋にイボがある人

 

 

乳幼児で7歳未満のお子様には
イボコロリを使うことができません。

 

7歳以上のお子様の場合は
保護者の方が監視して使うのが安全です。

 

 

 

次は、アンミオイルについて特徴を解説しますね。

 

 

 

アンミオイルの特徴

 

肌に優しい

 

危険な成分は配合されていない

 

値段が安い

 

全身に使用できる

 

返金保証がある

 

初回限定が安い

 

 

以上がアンミオイルの特徴です。

 

アンミオイルは肌に優しくイボも簡単に除去します。

 

 

理由は、アンミオイルの主成分が杏仁オイルだからです。

 

杏仁オイルとは、アプリコットという種から絞り出された
きれいな黄金色の天然美容オイルのことです。

 

 

杏仁オイルは「若さの脂肪酸」といわれる
パルミトレイン酸などや、その他肌に優しい成分が
たっぷりと含まれているオイルなんです。

 

だから、肌に優しく肌に若々しさを与えるオイルです。

 

 

 

なので、アンミオイルにそのような成分が含まれているため
安全にイボを治すことが出来るというわけなんです。

 

更に、肌のターンオーバーを正常化させること作用もあるため
肌のトラブル全般に効果的なオイルでもあるんですよ。

 

 

 

アンミオイルはイボコロリと違い
全身に使うことが出来ます。

 

例えば、アンミオイルは目の周りにイボができたとしても
目の周りに塗れば治すことが可能なんです。

 

 

 

アンミオイルを使ってはいけない人

 

 

即効性を求めている人

 

 

アンミオイルは、即効性がないので
手っ取り早くイボを治したいと思っている人は
皮膚科に行ったほうが手っ取り早いですね。

 

 

 

でも、市販薬では治せない部分にできたイボをじっくり治したいという人は
アンミオイルを買って試すのも悪くないですよ。

 

目元・首元のイボがポロッと綺麗


トップページ サイトマップ アンミオイルの効果 アンミオイルの口コミ イボを簡単に取る方法